語学スクールの個人レッスンとグループレッスン、どっちがいいの?

グループレッスンを受講中の女性たち

個人レッスンとグループレッスン、どちらがいいの?

いよいよ語学スクールで勉強することに決めたあなた!おめでとうございます。決心さえつければ、あとは決心したとおりに実行するだけですよね。
半年後、1年後のあなたの語学の進歩は約束されたようなものです。目標に向かってまっしぐらに突き進みましょう!

そこで、次に問題になるのが、語学スクールの個人レッスンとグループレッスンではどちらがいいかという問題です。ここは大事なポイントですから、さまざまな角度から比較して考えてみることにしましょう。

語学スクールでは、グループレッスンを選ぶ方が良い点

まず、費用の安さが第1に挙げられます。これは当然ですね。タクシーよりもバスの方が安いのと同じ理屈です。

次に、誰とでも仲良くできるタイプの方なら問題はないのですが、人の好き嫌いが割と激しい方の場合は、グループレッスンの方をおすすめします。
個人レッスンで、もしも「何となくウマが合わないなぁ」という先生に当たってしまった場合は、レッスンの度に居心地の悪い思いをしないといけません。これではレッスンがストレスになってしまいますし、勉強にも身が入らないでしょう。
語学スクールにお願いして先生を変えてもらうこともできるでしょうが、2回、3回と続けてお願いするのは難しいでしょう。
そんな方なら、生徒みんなが平等にある程度先生と距離を置けるグループレッスンを選ぶ方が無難です。

語学スクールでは、個人レッスンを選ぶ方が良い点

これは、その語学スクールのシステムにもよるので問い合わせが必要なところですが、グループレッスンならレッスンの時間に自分の都合を合わせるしかありません。

その点、個人レッスンなら毎週曜日と時間を決めて通うやり方ではなく、エステや脱毛のようにその都度レッスンの予約ができたり、キャンセル対応も柔軟な語学スクールもありますから、お仕事の予定が変わりやすい方などには個人レッスンの方がおすすめです。

肝心の学習面では、どちらが良いのでしょう?

ここまでで書いてきたことは直接学習には関係なく、いわば便宜上の観点からどちらが良いかということについて考えてきたわけですが、肝心の学習面についてはどちらが良いのでしょうか?これは、選ぶあなたの性格によって大きく変わってきます。

1.おとなしい人なら、個人レッスンを
おとなしい人は、グループレッスンではついつい発言の機会が少ないままに1回のレッスンが終わってしまいがちです。
その点、個人レッスンなら、嫌でも1対1で先生と話さなくてはなりませんから、進歩の度合いも当然変わってきます。

2.社交的な人なら、グループレッスンを
逆に社交的で、いつも自然と場のリーダーになるようなあなたでしたら、グループレッスンが向いています。
レッスンの後のフリータイムでは、語学スクールで知り合った新しい友達と復習したりと、学習の幅も一層広げられることでしょう。

3.その他の違い
語学スクールでの語学学習を進める上で、個人レッスンとグループレッスンのどちらを選ぶかを決めるときに一番重要なポイントは、自分の設定している目標をどこに据えているかです。

目標が具体的かつ達成が困難な場合、例えばTOEFLやTOEICにおいて短期間で高得点を取りたいなどという場合でしたら、断然個人レッスンがおすすめです。

一方、語学スクールで設定している目安、「このクラスは現在こういう実力の生徒が対象で、これだけの期間でここまで力を引き上げるのが目標のクラスです」というものに自分が沿っていこうとするのであれば、グループレッスンも適しています。
ただし、「ここまで力を引き上げる」ために、より積極的に自分で取り組まなければいけないことは言うまでもありません。

まとめ

こうして考えていくと、ざっくり言って、グループレッスンはどちらかといえば初心者向け、個人レッスンは中級者、上級者向けとも言えそうですが、グループレッスンと個人レッスンの違い以上に大きいのは、実は各語学スクールによって異なるスクールカラーだったりします。

グループレッスンにするか個人レッスンにするかには予算も大きく関係してきますが、レッスン金額も語学スクールによってかなり幅がありますので、総合的にいろいろと検討してみてください。
あなたにぴったりの語学スクールと学習方法が見つかると良いですね!

RECOMMEND LINKS

  • Ciao amici(チャオアミーチ)

    イタリア人講師と楽しく学ぶプライベートレッスンのコースがあります。
    グループレッスンはもちろん、旅行会話コースやイタリア語検定試験対策コースなどもあります。
    イタリア語スクールを大阪で探している人は、こちらがおすすめです。
    まずは、こちらのイタリア語スクールの無料体験レッスンに予約してみてください。

RECENT ENTRY